TikTokにアップロードできる動画のベストな長さとは!?

TikTokにアップロードできる動画のベストな長さとは?

PCやスマホを持っている人なら誰でも簡単にSNSで動画を見たり投稿したりできる時代になりました。動画投稿のみに特化したSNS・TikTok(ティックトック)では、動画編集用のアプリを使わずに、TikTok上で手軽に自分が撮った動画の編集ができます。そんな大人気動画SNSにアップロードする際の動画の長さについて解説してきます。

TikTok(ティックトック)とは?

TikTok(ティックトック)とは、エフェクト加工や音楽を追加した15秒程度の動画にハッシュタグなどを付けてアップロードする、動画だけの共有プラットフォームです。
TikTokではアカウントの新規登録をしなくてもアップロードされている動画が見れますが、気に入った動画にコメントやいいねを付けることができません。アカウントさえあれば、他のSNSと同じく友人やアイドルをフォロー、動画の投稿、いいねやコメントも自由にできます。
アプリのダウンロード数では、2020年と2021年で世界1位を獲得、現在でも世界中で最も多くダウンロードされています。

TikTok(ティックトック)、その人気の理由とは

TikTokの人気の理由は、動画の作成が手軽にでき、かつ投稿ハードルが低いことと他のユーザーからの反応が得られやすいことです。また、動画時間が短いこともTikTokの特徴。多くの動画が一本15秒という長さで、飽きずに次々と流れてくる動画を見続けることができるというのも人気の理由の1つでもあります。

TikTok(ティックトック)でアップロードできる動画の長さ

TikTokに投稿される動画は、エフェクト加工、テロップや音楽を追加した主に15~60秒程度のショート動画がほとんど。「踊ってみた」「歌ってみた」「演奏してみた」などの様々なコンテンツが投稿されています。
実際に投稿できる動画の上限は現在10分になっています。10分程度の長めの動画を投稿できるようになったとはいえ、TikTokの最大の特徴である15~60秒以内のショート動画が現在でも人気を集める傾向にあります(ちなみに、最近はSnowManのブラザー ビートが多く投稿されているようです)。そのため、なるべく15~60秒以内の短い時間で、テンポの良い動画編集を施したものを投稿することがベストでしょう!

TikTok(ティックトック)で動画を投稿するならコレ!

TikTokを始めるなら、ブームになりやすい「踊ってみた」や「演奏してみた」などはいかがでしょう?流行りのダンスや音楽を選んで撮影し、キャプションやハッシュタグを追加するのを忘れずに投稿してみましょう!曲を選ぶ時は、人気のK-POPグループ(BTS・TWICE・Seventeen)や日本で話題なっているダンスグループを選びましょう!

最後に

今回は、爆発的な人気を誇るTikTokについて紹介しました。TikTokは今以上成長する可能性があり、憧れの職業としてYouTuberが語られているように、いつかTikTokerが語られる日も近いかも知れません!ダンスや演奏に自信がない方は、ダンス ゲームやリズムゲームで練習してから挑戦してみてもいいと思います。スイッチ ソフト おすすめでしたら『ジャストダンス』シリーズや『太鼓の達人』はいかがでしょう。TikTokではダンス ゲームやリズムゲームなどの動画も結構人気ありますので、是非試してみてください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。